再就職する時の注意点

再就職や復職をする際、看護師の資格などがあれば十分なアピールポイントになりますが、張り切りすぎて必要以上のアピールをすると後で大変なことになります。
医療の世界は日進月歩で常に進化しています。過去に看護師として働いていても、一度退職をしてブランクがある場合、出来ないことや知らないことがあっても不思議ではありませんので、その旨はきちんと伝えるようにしましょう。再就職に力が入り過ぎて、つい知らないことでも「知っている」と言ってしまう人や出来ないことを「出来る」と言ってしまうこともありますが、これは必要のないことです。
また、知らないことや出来ないことでも、事前に研修や勉強会がありますのであまり不安に感じる必要もないと思います。
基本の仕事は昔も今も変わることはありません。
大きく変わっていることとしては、医療機器の変化でしょうか。毎年のように新しい治療器具や検査器具が発売されていて、救急病院や高度治療を目的とする病院ではいち早く導入されていることが多いからです。
このような器具関係に不安を感じるのであれば、小さな病院にするとか、各地で開催されている研修会などに参加しておくことです。
ほとんどの場合は無料で行われていますが、中には少し高額な研修会もあるようですので、内容などを確かめて、自分に必要な内容であれば参加するようにしましょう。
また、就職後に病院内で研修会を行うことがありますが、これには必ず参加しておく方が良いそうです。
病院の方針も分かりますし、他の人と一斉に受けることが出来るので、スタートラインが同じになるからです。
看護以外のことで考えられる不安要素は、出来るだけ少なくしておく方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です